2017.8.7
広島工業大学専門学校との産学連携授業を実施。
2017年7月20日に広島工業大学専門学校様との産学連携授業として、取締役 技術責任者 竹内信人が「Ruby」を用いたネットワークプログラミングの授業を行いました。
授業ではスレッドを用いたソケット通信を題材とし、非同期で複数のクライアントへ応答するサーバプログラムの作成や機能追加を学生に検討してもらいました。
今後の授業では、学生が作成したプログラムを発表してもらい、ソフトウェアエンジニアとして必要な知識と経験を養ってもらえればと考えております。